古代のレビトラはセックス高潮至上主義

セックスは高潮至上主義ではなく、愛情至上。彼は再び手ぶらで、激情転じてレビトラという
あなたは彼の冷め、欠け欠けたら悩まさかも知れません;あなたはない二人だと再度燃える情熱が黯然伤神。に関係なく、この姉妹は彼女の体験は私達に教えます。

バイアグラは高潮至上主義

バイアグラは高潮至上主義

実は、励起男の趣味は難しくはない——賛美性の能力は最高の「レビトラ」。

これらの処方は内服と外部の内服薬の食べ物があると、多くは滋養補給強壮の品物;外用の薬液外陰部を洗って、薬を巾外陰部や膣内の投薬などを含んで、多く所属ある程度刺激性の薬は、一般に性的高潮至上興奮後除去。

集録が唐代以前の中術内容の『医心方』にもこのようなレビトラ処方。

例えば内服の「益多散」「ハゲ鶏散」、「欲令外用の男子陰気前がいい」、「令女玉門狭い」など。興っ魏晋時の金丹感服の風、例えばレビトラ服用なども、精力の役割といわれるが、しかしそれが人体へのダメージが大きいため、唐代以降徐々に無人敢で。明代洪基その編んだ「摂生かならず」に収録された大量のレビトラがあります。

カテゴリー: レビトラ, レビトラニュース タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>