【レビトラ日記】夫のレビトラ精力剤を食べた後のことです

夫のレビトラ精力剤を食べた後のことです

私は待っているレビトラを食べました、数分後、本当に感覚渾身の発熱、旦那さんは私をすこし触って、「大丈夫か?」

レビトラ精力剤を食べた

レビトラ精力剤を食べた

「暑い。」

体はストーブのように。

何かをしたい、殘念ながら身に早く光つるつるのた。

「やりたい?」夫は私の耳元で迷っの音。

「うん。」

「このレビトラ本当に役に立つ。」夫の販売している剥ぐパンツ、迅速に布団にくるまる。

「あなたはすぐに水を差すよ。」私は喉が渇いて死んで、彼が就寝!

「あなた、あなたはたい……。」

「私は水が飲みたい。」

飲み水、待ち続けていた「欲情焼身」と感じて、しかし、全身発熱のほか、どの敏感な点も見えない少しの興奮。しかも頭がくらくらとしての話したくない。

旦那さんは私を触って熱い体で、私に聞いて、大丈夫でしょうか?

パジャマを羽織ってくれて、うつむいてベッドの私を見て、表情はますます醜く、「レビトラ最高です、週さんのこのばか野郎と言って、彼の妻で、もう少しで彼は食べた。」

「私は以前表現が悪いですか」悲しい死したのですが、旦那におい性薬。

旦那さんは私を抱いていて、「いや、ただ好奇心があって、もう二度とこのものは信じない。」

私の頭がぼんやりして寝て、「私が食べたものはどうしますか」

「せめて私を疲れて明日起きないだろう。」

笑噴一夜にもたれ。

それから後にも関心を持っていないレビトラを滋陰つづけて服用した。

レビトラ

カテゴリー: レビトラ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>