レビトラ5mg半減期

バルデナフィルの全身クリアランスは56 L / hであり、レビトラバルデナフィル、その主な代謝産物(M1 )の末端レビトラ5mg半減期である。
約4-5時間。経口投与後、バルデナフィルは糞便中に主に代謝物として排泄される
(投与した経口投与の約91から95パーセント)と尿中より少ない程度(投与され、約2〜6%へ経口投与) 。
特定の集団における薬物動態小児科レビトラ5mg。

レビトラは、小児患者での使用のために示されていません。バルデナフィル試験は小児集団で行われていませんでした。
高齢者
高齢者男性(≥ 65歳)と若い男性( 18-45歳)の健康なボランティアの研究では、 Cmax及びAUCがあったことを意味
34%と高齢男性では、それぞれ、 52%以上では、 [特定の集団で使用(8.5 )参照〕 。
肝障害
軽度の肝障害(お子様ピュー)とボランティアでは、 Cmax及びAUCはあった10 mgのバルデナフィル用量を以下
健常者に比べてそれぞれ22%、 17% 、レビトラ5mg増加した。中等度の肝とボランティア減損(子供連れPugh分類B ) 、 10 mgのバルデナフィル投与後のCmax及びAUCは、 130%と160%増加した
それぞれ、健常者と比較した。バルデナフィルは、重度の患者で評価されていない(子供連れにピュー
C )肝障害。 【用法·用量(2.3) 、レビトラ5mg警告および注意事項(5.8 )を参照し、具体的に使用してください。

カテゴリー: レビトラ5mg パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>