レビトラ個人輸入時の注意すべき点

レビトラ20mgレビトラ個人輸入は、個人が海外の流通業者などから商品を直接購入(輸入)すること。レビトラ個人輸入にもさまざまな規定があります。まずは薬品の数量、一般はED薬の用法や用量によって、1ヶ月以下の量は個人輸入することができます。

あとは真偽、薬品の真偽が非常に大切なことね!それにレビトラのように人気がでる薬品、偽物を注意しなければならない。では、どうやらレビトラの真偽を見極められますか?

1.製品のパッケージ。本物はパッケージに手が込んでいて、偽物のパッケージがよくない。

2.本物の内部パッケージもきちんとそろっていて、ざらざらではありません。

3.レーザー標記。包装の裏にレーザー標記を付いているのは本物、そうではないと、偽物の可能があるね。

4.本物なら、かならず偽造を防ぐ番号を付いています。レビトラのホームページを登録して、番号を書き込むとすぐ製品の真偽を見極めることができます。

カテゴリー: レビトラ タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>